新型iPhone7の特長 + 気になる予約、価格。購入用リンク紹介。

iPhone7

iphone7 - Mov WS2017.JPG

  こんにちは。 
新型iPhone7が、発表されました☆

今回は、大型のiPhone7プラスsとiPhone7が登場です。
性能も上がって、機能も多く追加されています。

 新型の目立つ部分を画像や動画を交えながらかんたん解説
そして気になる予約、価格と予約用リンクも紹介します

■ アップル新製品 発表内容 - 新モデルがたくさん♪


 アップルの発表が行われたのは、日本時間9月9日。前回と同じくアメリカは、クパチーノのアップル本社。
今回の発表は、新型モデルが多めになりました♪

 iPhone7 Plus、iPhone7。新型イヤフォン「AirPods」
第2世代「Apple Watch Series 2」も一緒に発表されました。

 発表会は、クックさんが主体で案内しましたが、冒頭に任天堂の社長も登場。マリオ関係のソフトもアピールされました。


■  iPhone7とプラスの特長



・公式動画 iPhone 7を紹介します

大きな部分と要点を、紹介しますね

まず、防水。そして、ヘッドフォン端子が無くなりました。
そして、日本の電子決済に対応します。

容量は、32GB,256GBが追加。16GB,64GBモデルが廃止。



■ 新型iPhone解説

SAYA16031118IMG_9857_TP_V1.jpg

 防水機能の追加は、雨が多く、湿度が高い日本では、待望の機能。
国産スマホは常識の機能であり、やっと来たか。と感じます。

 電子決済も、iPhoneの弱点でしたから、これも嬉しい。

 ヘッドフォンの端子廃止は、アップルらしい大胆な変更ですね。
個人的には、電話機には、有線ヘッドフォンが良いのですが。

 日本製の先鋭スマホを追撃、凌ぐ部分も多くあります。
カメラは、かなりパワーアップされました。

 あと、容量。iPhoneというと追加ストレージが無いのが、アンドロイドに劣っている部分でしたが新型の256GBは、かなりの大容量ですね。

 現在マイクロSDは、32GB~64GBが主流であり、パソコンのSSDの売れ筋と同じくらいになってます。 動画撮影には、大容量が活躍しそう。

 カラーは、流行が一周して黒に戻ってきました。次は白かな(~_~;)

 ■ 外観





 2世代置きにデザインが大きく変わるiPhoneですが、
今回、デザインの変更は抑えめとなってます。

 ただし、筐体は再設計され、防水対応になりました。

筐体はアルミ。シート状のガラスと一体化したデザイン。

カラーは、ブラックが推しのカラーとなり、マットのブラック。高光沢のジェットブラックが登場。
シルバー、ゴールド、ローズゴールドと合わせ、合計5色。
新しいジェットブラック仕上げは128GBと256GBのモデルのみ。

● 画面

 画面サイズと解像度は、6sと同じですが、広色域ディスプレイが採用されています。


 ● 性能


 新型の機能、性能面を紹介します。



● カメラ


Snow Maple Toffee Latte / hirotomo


 内面部分では、カメラ性能が上がっているのが目立ちます。
f/1.8の6枚構成のレンズ採用。 今回は7、プラスともに、光学手ぶれ補正機能搭載になりました。(6sはプラスのみ)
 インカメラは、7Mピクセルに。プロセッサも更新。
LEDフラッシュはクアッドとなり、50%光量アップ。ちらつきも押さえます。

 7Plusは、デュアルカメラとなり、12M望遠レンズが追加されます。



● 音響面

 オーディオ部分の変化も大きい。

新しいスピーカーは音量が2倍にアップ。

 ヘッドフォン端子は廃されました。イヤホンは、ライトニング端子につなぐか、無線のみとなる。
普通のイヤホンが使えるように、ライトニング端子と通常のヘッドフォン端子のアダプターが付属


・公式動画 AirPodsを紹介します

 注目は、イヤホン。
ワイヤレスヘッドフォンである新しいAirPodsに対応。

 単なる無線ヘッドフォンではなく、光学センサー、Gセンサーも搭載し、
装着しているかを確認したり、まわりのノイズを除去したりできます。

 Appleの周辺機器としては、かなり凝ったモデルです

AirPod自体は別売りで、10月発売。16800円。



● 日本向け電子マネー対応



日本向けには、FeliCa非接触技術に対応し、クレジットカードやプリペイドカードをiDやQUICPayといった国内ネットワークでも使えるようになるほか
世界最大の交通機関であるJR東日本が発行する日本最大の乗車カード・電子マネーも使えるようになります。



● その他

 ホームボタンは、耐久性を上げ、圧力感知が付いています。

新型A10チップ搭載。4コアとなり、高速なコア2基と、省電力コア2基の組み合わせ。

両モデルとも最大25のLTEバンドに対応し、全世界でのローミング性能は業界で最高です。LTE Advancedは、iPhone 6より通信速度が3倍速く、最大450Mbpsとなっています

 ● iOS10登場。

 新型のiOS10が搭載されました。
目立つ部分では、メッセージ面が強化。アニメーションが可能。 


 iOS9自体は15日から利用可能。 


■ 価格


 価格は6sより価格が抑え気味になってます。
円高が進行しているせいでしょう。

今回は、SIMフリー機があるので、価格が分かりやすい。



・ iPhone 7 4.7インチディスプレイ(普通のiPhone) 税込み価格

32GB: SIMフリー ¥78,624 
128GB SIMフリー ¥90,504
256GB SIMフリー ¥102,384



・iPhone 7 Plus 5.5インチディスプレイ(大きいiPhone) 税込み価格

32GB: SIMフリー ¥92,664
128GB  SIMフリー¥104,544
256GB SIMフリー ¥116,424


■ 価格解説

 発売時点では
 docomoが、容量の価格差が無くて面白いです。 小容量モデルを買うと高め。128GBモデルを買うなら、安めになってます。
全体としてソフバが高めかな。

 ただ、各社価格競争で、価格変更するのが恒例なので、又追記しますね。


■ 販売と予約について


 iPhone6の予約は,携帯3社(ソフバ、au、ドコモ)9月9日から開始。
16日8時発売。

今までは、発表から3日遅れ予約、発売も、2週間ほどでしたがかなりスピードアップしています。


■ 予約、購入用リンク


■ 携帯会社

各社、予約が開始されました。

販売リンク
● ソフトバンク オンラインショップ




■ ネット販売 検索リンク
 

  前回から、アップルストアでSIMフリーが販売されているのですが
ネット通販で、手持ちのポイントなどで購入したい場合もあるでしょうし、紹介しますね。(*^_^*) 

1 写真と、商品名リンクは、アマゾンの商品。
2 ”○○で検索”は、楽天やヤフーなど個別のネット通販で検索できます。

● iPhone 7 本体SIMフリー



● iPhone 7 Plus 本体SIMフリー






■ ■ AIより。

 今回は、大きくパワーアップしましたね。(*^_^*)

日本でどのくらい売れるか楽しみです。
 



■ 更新情報

2018年9月15日 ソフトバンクオンラインバナー差し替え、SIMフリー機でKRB追加


■ 参考リンク

・アップルプレスリリース
http://www.apple.com/jp/pr/library/2016/09/07Apple-Introduces-iPhone-7-iPhone-7-Plus-The-Best-Most-Advanced-iPhone-Ever.html

■ 関連リンク

・ Amazon iPhone 用品ストア 
・ ● ソフトバンク オンラインショップ






この記事へのコメント

この記事へのトラックバック